note

「写真台紙の役割りは」

「写真台紙の役割りは」

今更ながらですが、改めて写真を写真台紙にする意味は?を考えてみました

写真アルバムはたくさんの写真を収納できて、当時の思い出をページをめくるたびによみがえってくる、そんなイメージがあります

一方で写真台紙は収納できる写真枚数が少ないので、特別な写真を飾ったり収納する場合に選ばれるもの

枚数が少ないため、プレゼントにも適しているのかなと思います

結婚式の晴れ姿とかお見合い写真とか(今はもう無いのかな?)、七五三などの「大切な写真を飾る、収納できる」のが写真台紙の始まりじゃないかなと思います

近年、生活様式が変わってきて、物に対する考え方に変化が出てきたりで、今の時代にあった大きさとかデザインとかを考えていかなければならないですね

最近はスマホの中で写真を見る傾向がありますが、台紙はスマホの写真と比べて、大きく見れて飾れます

そう考えると台紙はまだまだその役割は果たせていけるのかなと思っています

デザインやサイズは時代とともに少しずつ変化していかないとね

一覧へ戻る
PRIVACY POLICY