note

「シンクのご飯粒から人類の幸せまで」 

「シンクのご飯粒から人類の幸せまで」 

writer < fhans yoshimi >

fhans factory小話

社長が朝ごはんに食べたご飯粒がシンクに3つほどついてたそう。

そのご飯粒を見たゆうきくんが一言。

「なんでキレイにしないの?」

社長「そ、そやな。」

ゆうきくん「そもそもなんでご飯粒が残っているの?食べたらいいやん」

社長「そ、そやな!」

心ここにあらずにご飯を食べていると、米粒が残っていることに気づかない。

誰がつくってどういう経緯で自分の口に運べているのか、そのありがたさに気づいていると米粒の食べ残しはないはず。

そんなお茶目なやりとりからスタートした今週の fhans factoryミーティング。

fhansのやるべきことに話は続きます。

皆さんはスタバをコーヒー屋さんだと思いますか?

じつはスタバはコーヒーを提供するのが目標ではなく、「職場でも家でもない第3の場所」を提供するのが目標。

仕事人でもお母さんでもないただの自分に戻れたり

友達との会話で心がうるおったり

勉強してステップアップを目指せたり

それぞれの過ごす時間で、お客さんの人生が豊かになっていますよね。

スタバがコーヒーを売りながら、真の目的がコーヒーを売ることでないように、ファンズは写真を撮りながら、写真を撮ることだけが最終目標ではありません。

少し想像してみてください。

「家族に気づく」という体験をする人が増えたら、世の中にどんな影響を与えられると思いますか?

家族という人生のベースが幸せなら、周りにも優しくなれたりしますよね。

すごーく大きな目でみてみると…

遠い国の誰かにも、自分と同じように親がいて、子供がいて、日々の小さな幸せがあると気づけたら

戦争だってなくなるかもしません。

ちょっと話が飛躍しましたが、fhansが向かうのはそういう方向です。

写真を撮るという方法で、「家族に気づく(人類の幸せ)」という目標を目指したいと思うのです。

以上、今週のファクトリーはシンクのご飯粒に始まり、人類の幸せで話が終わる、振り幅のひろ~いミーティングとなりました!

一覧へ戻る
PRIVACY POLICY